進化している

ランドセルは日々進化してきています。特にデザインに関しては、昔に比べると大きく変わってきているでしょう。今と昔で何が違うのか、勉強していきましょう。そうすることで、実際に選ぶ時に役立ちます。

色々な違い

キッズ

カラーリング

昔のランドセルと、今のランドセルの大きな違いはカラーリングでしょう。昔は男の子は黒、女の子は赤といった具合で選択肢が少なかったのです。現在では、2色以上を組み合わせたランドセルもあります。男の子向けだと青と黒のカラーリングが人気でしょう。女の子では水色などの、パステルカラーがとても人気です。

安全性の向上

昔から使用されてきているナスカンですが、現代では安全性が格段に向上しています。給食袋や体操着などをぶら下げる役割りがありますが、何かに引っかかってしまうと危険です。このような場合には、ナスカンが外れることで、安全性を確保しています。最新式のものは、ナスカンそのものが外れるのではなく、フックのみが簡単に外れるのです。

ワンタッチ錠前

ランドセルには錠前がついており、ロックをかけることができます。ちょっと前のランドセルだと、鍵をひねってロックしていましたが、現在のランドセルはワンタッチでロックを掛けることができるのです。小学生でも簡単にロックがかけられるようになっています。耐久性も高いので、男の子が多少乱暴に扱っても壊れることはないのです。こういったものを選ぶ人は多いでしょう。

容量の拡大

昔と現在のランドセルでは容量にも違いがあります。現在のランドセルはA4サイズのクリアファイルでも、楽に収納することができるのです。子供が見やすいようにと、教科書やプリントも大型化してきています。そのような変化に対して、ランドセルも進化してきているのです。また、容量が増えても、軽さは変わりません。子どもに優しく、機能的なものを求めるものが多くなっています。

広告募集中